EVENT

きれいな現場づくり

現場では工事音の他にも「ブーン」「サッサッ」と掃除機や箒の音がよく聞こえてきます。

住まいを託していただいたお客様に感謝を込めて、丁寧にプロの仕事をする。そのための一環として、小山木材では現在「長野で一番きれいな現場」を目指し、現場の安全対策・整理整頓・清掃・美化に力を入れています。

きれいな現場だからこそできる丁寧な家づくり。その取り組みの一部をご紹介します。

    

誰が見てもわかりやすいように、安全のための注意喚起を表示。

    

作業に必要なもの以外は床に置かないルール。ものが乱雑にならないように、掃除がしやすいように置き方を工夫します。

壁に脚立かけを設置し収納

    

廃棄物は種類ごとにきちんと分別。

室内にごみの分別ボックスを設置

     

床や階段は引き渡し前のクリーニングまでしっかり養生。無垢のフローリングを傷つけない工夫です。

フローリングには一面養生シートを張り注意喚起も表示します

    

定期的に安全パトロール。チェック項目を見ながら危険な場所がないか、整理整頓が行き届いているか確認します。

安全パトロールの様子

   

などなど。

1棟1棟間取りは当然異なるので、毎回現場の職人さんや大工さんが工夫を凝らして取り組んでいます。また、社員だけでなく協力業者さんにも現場づくりにご協力いただいています。

その取り組みが伝わり、最近では現場を見た方から新築のご依頼をいただくことも。嬉しいですね!お家をご検討中の方で「小山木材の現場を見てみたい」という方はお気軽にご連絡ください。ナビゲーターと一緒に現場見学ツアーをしましょう♪