EVENT

景色を取り込む住まい【上棟レポート】

先週、須坂市のお家が上棟しました。

こちらはお施主様の窓へのこだわりを形にし、周りの豊かな景観を住まいに 取り込むピクチャーウインドウのあるお家になります。 室内は常に温度・湿度が一定で空気が新鮮。ファース工法で作られる心も体も健康的なお家です。

当日はさわやかなお天気の中、早朝から始まりどんどん梁が組まれていきました。

一階の梁が出来上がった様子

作業が始まると、声を掛け合い梁を組む大工さん。全体を指揮管理する現場監督。ベテランのチームワークで進みます。

上棟ではクレーンが活躍。柱や筋かいを二階の大工さんに運びます。

上棟の日は一気にお家の骨組みが出来上がります。お施主様にとっては「家を建てる」という実感が今まで以上に沸いてくる日ではないでしょうか。

この日は夕方に無事上棟。お施主様ご夫婦とお子様と一緒に上棟式を執り行いました。上棟式では上棟できたことを祝い、またこれからの建物工事が無事完成することを願いました。

上棟式で作り手は、これから住まうご家族様を知ることができるので、さらに思い入れを持って住まいづくりに励むことができます。

世の中が不安な状態ではありますが、 今は感染予防のためのルールを作るなど、現場でもできることを日々更新しています。

体温チェックシートも現場へ導入

お施主様の新しい暮らしに向けて、これから小山木材社員・協力会社一同で精神誠意取り組みます。

完成が楽しみですね!